1問1答

【1問1答】病態④@理論問題

全26問

Contents

Q1.体温は、(  )によって調節されている。

視床下部にある体温調節中枢

Q2.インターロイキン-1は、内因性発熱物質である。〇か✖か?

Q3.体温調節中枢でのプロスタグランジンE2の産生は発熱に関与する。〇か✖か?

Q4.ネフローゼ症候群の初期治療の基本は?

副腎皮質ステロイド薬

Q5. ネフローゼ症候群 のタンパク尿改善と静脈血栓予防に(  )薬が用いられる。

抗血小板

→ジピリダモール

Q6.ジピリダモールの作用機序は?

血小板のホスホジエステラーゼを阻害する。

Q7. ネフローゼ症候群 の浮腫の改善には何を用いる?

ループ利尿薬

→腎機能低下状態でも使用可能

→第一選択薬

Q8. (ネフローゼ症候群 )高K血症の改善には何を用いる?

ポリスチレンスルホン酸ナトリウムなどの陽イオン交換樹脂

Q9. (ネフローゼ症候群 ) 高コレステロール血症が持続する場合は、何を用いる?

スタチン系薬剤

Q10.統合失調症は、( 時期 )で発症する。

思春期~青年期(10歳~30歳代)

Q11. (統合失調症)急性期の治療には、何が推奨される?

単剤の非定型抗精神病薬

Q12.中耳炎は、鼻炎、咽頭炎に続いて発症することが多い。〇か✖か?

Q13.急性中耳炎は、(  )に好発する。

小児

Q14.急性中耳炎では、軽症でも初期から抗菌薬を投与する。〇か✖か?

→初期は抗菌薬は投与せず、対症療法を行う。

Q15.慢性中耳炎の起炎菌は?

  • 黄色ブドウ球菌
  • 緑膿菌

Q16.痛風関節炎の再発予防のため、少量の非ステロイド性抗炎症薬を継続投与する、〇か✖か?

→痛風関節炎の再発予防でNSAIDを用いる場合は、発作極期には、比較的大量に投与し痛みが消失すれば使用を中止する。

Q17.肺がんの中でも(  )は、喫煙との関係が強い。

小細胞肺がん

Q18.エストロゲン依存性の閉経前乳がんに用いるのは?

  • タモキシフェン
  • ゴセレリン

Q19.冠動脈の攣縮が発作の原因になるのは、(  )狭心症である。

安静時

Q20.心筋梗塞の多くは、発作発生直後からST波の( )がみられる。

上昇

Q21.冠攣縮性狭心症の発作時には、何を用いる?

硝酸薬の舌下錠やスプレー剤

Q22. 冠攣縮性狭心症の非発作時には、何を用いる?

カルシウムチャネル遮断薬の内服薬

Q23.高血圧患者が、血圧が上がりやすいのはいつ?

夕方

Q24.歯の痛みが発現しやすいのはいつ?

夜間

Q25.うつ病のうつ状態が最も強いのはいつ?

朝方

Q26.前立腺肥大症と前立腺がんの鑑別に役立つのは?

直腸診

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。