1問1答

【1問1答】病態⑦@実践問題

全21問

Q1.膵臓癌の危険因子は?

  • 喫煙
  • 糖尿病
  • 慢性膵炎

Q2.膵臓癌の腫瘍マーカーは?

  • CA19-9
  • Span-1

Q3. (膵臓癌)どこに発生したときに黄疸が認められやすいか?

膵頭部

Q4. (膵臓癌) 術後の標準的な補助療法は?

ゲムシタビンの単剤投与

→ ゲムシタビン :細胞内でリン酸化され、DNA合成を阻害する。

Q5.膵内分泌組織から発生するインスリノーマやガストリノーマは、通常型膵がんと比較すると予後良好?不良?

良好

Q6.ゲムシタビンの重要な用量規制因子は?

骨髄抑制

Q7.ゲムシタビンの投与速度は?

週に1回、30分かけて静脈投与。

→ゲムシタビンの副作用:間質性肺炎

Q8.出血性膀胱炎を生じるのは?

シクロホスファミドやイホスファミドなどのアルキル化薬

Q9.ヘリコバクターピロリは、何菌?

グラム陰性らせん状桿菌

→尿素呼気試験陽性=ヘリコバクターピロリに感染している。

→ 尿素呼気試験 は、組織学的試験法よりも迅速に検出できる。

→ヘリコバクターピロリは、胃の幽門部を中心とした胃粘膜上皮に生存している。

→ヘリコバクターピロリは、ウレアーゼ活性を持つ。(尿素を分解して、アンモニアを生成する)

胃の働きと構造|小野薬品 がん情報 一般向け

Q10. ヘリコバクターピロリ感染と特発性血小板減少性紫斑病の発症は相関関係がある?ない?

ある

Q11.クラリスロマイシンは、(  )がある。

苦味

Q12.子宮体癌は、(  )癌である。

→子宮体癌の発生頻度は、増加傾向にある。

Q13.子宮体癌は、何が増殖に関与する?

エストロゲン

→肥満は、発生のリスク要因である。(肥満…脂肪組織でのエストロゲン生成による)

Q14. 子宮体癌 の腫瘍マーカーは?

CA125

Q15.大腸刺激性下剤で、大腸の運動を促進することで排便を促す薬剤は?

センノシド

Q16.ベースオピオイドとして(  )製剤を用いる。

徐放性

Q17.子宮頸がんの発症には、何は関与してる?

ヒトパピローマウイルス

→子宮頸がんは、扁平上皮がんである。

Q18.前立腺肥大症には、ジヒドロテストステロンが関与している、〇か✖か?

Q19.前立腺特異抗原(PSA)が、4.1ng/mL以上では、何を疑うか?

前立腺がん

Q20.前立腺肥大症の尿失禁は、何性尿失禁?

切迫性尿失禁

Q21.前立腺肥大症の治療薬は?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。